Life is beautiful: ビルゲイツの面接試験−ジャンケン編

Life is beautiful: ビルゲイツの面接試験−ジャンケン編
こんな問いかけを見かけたので紹介。以下、問題について少し書いてみる。

問題

一応、問題文を。

 あなた(=Aさん)とBさんにジャンケンを連続で1000回してもらいます。あなたもBさんも、パーで勝つたびに500円、チョキで勝つたびに200円の賞金を主催者からもらえます。グーで勝ったり、アイコになった場合には一円ももらえません。この条件で、あなたの賞金を最大化するために、どんな戦略を採りますか?ただし、Bさんと前もって相談することはできないし、試合中はしゃべったり身振りで合図を送ってはいけません。表情も見えないように、ミラーガラスのヘルメットを被ってもらいます。試合中に見えるのは相手が何を出したかだけです。

囚人のジレンマ問題

この問題を見て皆さんはどう考えたでしょうか?人工知能を少しかじった事のある方なら「囚人のジレンマ問題」を思い出したかもしれません。参考までに、「囚人のジレンマ問題」を載せておきましょう。

ある事件において、共犯と思われる二人の被疑者が別件逮捕で捕らえられた。決定的な証拠がない二人の被疑者は、完全に隔離された上で双方に同じく以下の条件が与えられた。

  • もし、あなたがこのまま黙秘を続け、もう一人も黙秘を続けた場合(別件の罪にしか問えないため)二人とも懲役2年だ。
  • もし、あなたが自白し、もう一人が黙秘を続けた場合、あなたを司法取引によって刑を1年にしよう。ただし、もう一人は懲役15年だ。
  • もし、あなたが自白し、もう一人も自白した場合、双方とも懲役10年だ。
  • もう一人の方にも、全く同一の条件を伝えてある。

引用元:囚人のジレンマ - Wikipedia
こんな問題です。これは一回勝負なので、今回の問題ほど駆け引きはありません。しかし、繰り返しを考えた類似の問題は色々あるようです。

思ったこと

囚人のジレンマ問題の一種なので、表にしてみます。

A/B グー チョキ パー
グー (0,0) (0,0) (0,500)
チョキ (0,0) (0,0) (200,0)
パー (500,0) (0,200) (0,0)

全部ここに書こうとしたんですが、これをここに書くと長くなってしまいますね…。うちはニュースサイトなので続きは以下へ。私の考え方を見たい人だけどうぞ(笑)
愚者の住処 Life is Beautiful:ビルゲイツの面接試験−ジャンケン編を考えてみる