壁にぶち当たり、やっと見えてきた患者の心 (「生涯現役」という生き方):NBonline(日経ビジネス オンライン)

医療では西洋、東洋、そして心理の3つの面から見ていけば、よりいい方向にいけるのかもしれませんね。東洋医学といえば、やはり中国が最初に思い出されます。現在の中国そのものは、なにか得体の知れない恐怖を与える危なっかしい国家と言うイメージがありますが、歴史にある文化そのものは評価できますよね。そう考えると、勿体無い国だなぁ…。