なるほど、それでJASRACが嫌われるのか - 妄想科學日報(from:明日は明日の風が吹く)

この文章は個人的にはすごいしっくり来た。

極論、JASRACにとって著作者の作品が売れるかどうかなんてことは問題ではない。販売の委託を受けているのではなく、使用料の徴収を委託されているに過ぎないからだ。彼らが守っているのは著作者の権利ではなく、自分の権利だけである。

特にココ。確かに、ジャスラック伝説で出てくる物に疑問を持ったりはするけど、それ以上に、この文章にすごく納得した。ジャスラックから感じる汚さと言うのは、ここから出てきた物なんだろうな。