わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる: 速読なんて読書じゃない「遅読のすすめ」

ゆっくりすぎるのも問題だとは思いますけどね.個人的には.速読は本や読み手にとって不幸なのだろうか?技術書ならば,自分のほしい情報だけ得ればいいし,すでに知っているような内容なら読まなくても差し支えはない.
勉強の時に参考書をいつも最初からやる人は最後までたどり着けずに逆に本にとっても読み手にとってもよくないことが起こりうるのではないか.少なくとも,この手の本では全てをしっかり読む必要はない.1ページに書いてあるような内容を知るために何十ページも読むのはむしろ愚かとも言える.
小説も1度だけゆっくり読むよりは,多少早めに2回以上読んだほうが効率的である.1回目では気づけない,部分と言うのが少なからずあって,2度目3度目にそれに気づくことが出来たら,それは本にとって,読み手にとって幸福なことではないだろうか?
大事な所,しっかり理解したい所,自分でいろいろ考えたい所などは深くかみ締める必要もあるだろうが,全体を通してゆっくり読むと言うのはもはや不要なのではないだろうか.

なんか、ごちゃごちゃな文章になってしまった。