ブログ限界論って、結局、予定調和なんじゃないの?(from:まなめはうす)

ブログ限界論って、結局、予定調和なんじゃないの?(from:まなめはうす)

ときどき目にする「●●●というイベントに行ってきました」「●●●をもらいました」という記事は最悪だ。

イベントそのものが一般に開放された募集を行っていたり、参加基準が明確ならば、楽しそうだなと思ったら次の機会に参加できる。でも、「次のチャンス」が示されていないものなんて、期待も持てないし、関係性もない。つまり、読む価値が無い。「選ばれた自分て特別な存在なんですいいでしょすごいでしょ」とでも言いたいのか。

そのイベントの追体験が出来るのは大事なんじゃないかなぁ…。本当にひどいのは、内輪だけで行って、内輪だけでその楽しみを秘めておくことこそ、悪いことなんじゃないかな。もちろん、その上で次の機会があったらより嬉しいですよね。