訪問者数にわくわくしていたあの頃(from:明日は明日の風が吹く)

訪問者数にわくわくしていたあの頃(from:明日は明日の風が吹く)
私は、今でもわくわくしている側の人間です。

なんかブログ初めてあのお祭りみたいなアクセス数を一度体験してしまったおかげで本当にどうでもよくなっちゃった。私にはてきとうなこと書いてほどほどに訪問者がいらっしゃればもう満足です。

この精神って大事じゃないかなぁ…。たぶん、大手である事を目指したら疲れちゃうし、自分のよさが出てこないと思う。

しているならともかくひっそりと「毎回楽しみに読んでいます」といってくれる少数の常連さんがいるブログもいいものですよ。なんかこじんまりしたカウンターしかないバーみたいな、そんな気分。

私もこんなブログがあってもいいと思うし、好き。アルファブロガーアルファブロガーで面白い文章がある時もあるけど、あまり目立たないブログでも、面白いブログは面白い。万人に受ける必要なんて無い。流行り廃りがあっても、淡々と自分の好きなように運営していく、そんなブログが好き。