「ニュースサイトをやっていて、何が楽しいんですか?」 - 琥珀色の戯言

「ニュースサイトをやっていて、何が楽しいんですか?」 - 琥珀色の戯言
ニュースサイト叩き関連に噛み付こうと思ったけどすげー面倒になったのでやめた。その辺を調べていたらこのエントリが見つかったので紹介。

何が楽しいか?って聞かれたら…あれ、何が楽しいんだろう。言葉にするのは案外難しいな。
うちみたいなサイトの場合は、コメントつけてもしもそれに反応があれば嬉しいですね。それ以外にも、紹介したエントリの方が反応してくれたりすると嬉しい。あと、うちの紹介するニュースが自分に合うと言ってくれるのも嬉しい。人によっては馴れ合いに見えるかもしれないな。別に何に見えても構わないけど、人に反応したりされたりするのが楽しいです。
しかし、これではニュースサイト独自の楽しみではないですね。ニュースサイト独自と言えば、更新する過程で新しい情報に触れることが出来る点ですかね。そして、こんな事があると言うのをメモ的に書いたのが個人ニュースサイトだと思うのですよ。
他にも運営方法によって楽しみ方は違うけど、楽しい部分が無ければ続けることは出来ないですよ。見返り大事。
あとは、こんな効能(?)みたいなものもあります。
304 Not Modified: 脳に学ぶ、情報収集術〜情報の多い今だからこそニュースサイトをやってみよう〜
それに対する私のコメント。今ならもう少し色んなことが書ける気がします…。
304 Not Modified: 脳に学ぶ、情報収集術〜情報の多い今だからこそニュースサイトをやってみよう〜 - 愚者のニュース

でも、何が楽しいの?って聞く側にまわってみたいときもある。なぜかって言うと、私は自分から話題を振るのが苦手なタイプです。普段から人が喋った事に対してコメントを書くことが多いのです。そんな私にとってニュースサイトと言うのはとても自分にあったサイト運営なのです。
で、なんでまわってみたいかと言うと、自分で記事を書けるというのは人の話に乗るより自分から話をしたい人、つまり、自分から話題を振れる人なのかなと。だからこそ自分でエントリも書けるし、紹介してるだけのニュースサイトに何が楽しいの?って聞くのかなと思ったわけです。

世の中にはニュースサイトが嫌いだって人が結構居るみたいですが、私からすると何で嫌いなのかわからないですね。友達とニュースやアニメ、漫画について会話する事ないですか?それと同じですよ、ニュースサイトって。面白いことを伝え合う。会話と一緒。そう考えると会話が嫌いな人には面白く見えないのかもしれない。