「気づくかなテスト」はショートレンジで(コミュニケーションのヒント) - 結城浩のYahoo!日記 - Yahoo!ブログ

教えすぎると本人のためにならないですからねぇ。例え、周りから遅れが出るとしても、答えだけ教えてそれでよしとする方法は出来れば避けるべきでしょう。かといって、気づくかどうかテストすると問題が出る時もあるよって言うお話。確かに、このテストは注意しないと、大事な情報を与えないひどい人だとか、見捨てられたとか考えられる場合がありますからね。
そうそう、すぐに答えを教える方法の弊害の一つとして、他の人が教える時に、すぐに答えを教えたりした時に、冷たいとか考えるようになることですね。そういう人間にはあんまり教えたくないです。何言っても、自分で考えようとしないから、教えがいがないんですよね。