obacan[オバカン]の日記 - 努力自体には価値は無いだろ。(fromまなめはうす)

私は努力自体にも価値はあると思うんですけどね。何故かと言えば、人が群れるとどうしても努力してくれる人とそうでない人と言うのが居ます。その中で、目立つ形で努力すると言うのはそれなりの価値があるのではないかと思うわけです。回りにも、あの人は頑張っている、俺もやらなきゃと思わせる効果もあるかもしれませんし。
でも、本当はその後輩の方が売り上げには貢献していたのかもしれません。そう考えれば、本来はその後輩も評価されるべきだよなぁとも思います。なぜ、彼があまり評価されなかったのかには色々理由があるとは思いますが、その一つとして、他の人から見ていて、そんなに貢献していたかのように見えなかったと言うのがあるでしょう。
私はそれは半分仕方のない事だと思います。評価する側は全てを同時に公平に見ることは実質不可能です。そのため、目立つ部分だけが眼に入り、目立たない部分は評価される土俵にすら立つことができません。
会社の成果主義だって同じ事です。目に見えない部分、数値に現れない部分と言うのは全く評価されません。この場合では、一人当たりの売り上げと言うのを恐らく計算してなかったのだと見受けられるのですが、その場合、一人一人の成果と言うのははっきりと表すことができません。つまり、後輩が売り上げに貢献していたとしても、それは目に見える形ではないわけです。そうなった時、呼び込みとしての評価は、見える部分、つまり、どれだけ目立ったかと言う点が評価されたのではないかと考えられます。
そして、もしこれに疑問を持つのだったら、その疑問を持つ物がその不当な評価を受けている人を評価してあげるべきなのではないでしょうか。なぜなら、その頑張りを見ているのはもしかしたらあなただけかもしれないからです。評価を受けている本人が言うと嫌味に聞こえてしまう可能性もあるので、誰か代表的な人に言って、何か一言声をかけさせるのも一つの手かもしれません。

うーん、人を扱う事・評価する事って言うのはとっても難しいです…。