あんたジャージでどこ行くの: 現状のネットユーザはwebの進化を歓迎しないのではないかという妄想(from:明日は明日の風が吹く)

リアルで人気のある人がwebでも人気者になる、というのが、究極のweb社会なんじゃないかという。逆もあろうとは思う。webで得た人気が実社会に及ぶ。それもあるだろうけど、多分、そっちのケースは稀だろう。

webやらネットワークが究極まで進化すれば、リアルとバーチャルの敷居が無くなる、というのは当たり前のようだけれど

うーん…。

現実という動かし難い物があって、そこに生きているという前提があって、だからこそ別の世界で別の存在になってみたい。そこで本心で発言してみたい。
(現状のネットユーザはwebの進化を歓迎しないのではないかという妄想 - あんたジャージでどこ行くの - 明日は明日の風が吹く)

私もこっちの方がいいかなぁ…。
人格部分までつながらなくてもいいんじゃないかなぁ…と。