書けるエントリ、書けぬエントリ - 煩悩是道場(from:明日は明日の風が吹く)

私にとって書ける書けないは、タイトル・冒頭からどれだけの印象をもって、その時点でどんなコメントがあるかでまず大分変わる。
その後でその印象が変われば、最初の印象を書いた後に正しい内容を書けばいい。

一からエントリを起こす場合、スクラップから出てこない記事と言うのは自分の中で情熱が高まりきらなかった記事とも言える。私の場合、いつか使えるかもと言う気持ちで、そのまま残している。

いつか、その記事の内容が熟成して私の中で書きたい!という情熱が出てくるまで…。