ネットと既存のコンテンツの関連性?

るいんずめもりぃ  第65話「ニュースサイトは歌番組?」

というわけで、「アンタの意見も言ってみー。見たるかどーかわからんけどなー。」
と曲解したわたくしルイナさんの敗戦処理

たまたま見たらたまたまあったので紹介ー。無事記事に出会えてよかった。

・羅列型やコメントの少ないニュースサイトはサビ部分を流してどんどん曲を紹介する番組

・コメントが多めのニュースサイトは歌手にインタビューしたりトークをしたりしつつ、
 歌を1曲(1番)まるまる流す番組

「うたばん」や「HEY×3」はトーク主体ですので、当てはめるならテキストサイトでしょうか。
歌よりもトークの方に重点を置いている番組と、テキストサイトは似ているような気がします。

ニュースの話から色々コメントをもらっていて気づいたんですが,テレビやラジオ,本などとネットのサイトってコンテンツの作り方が一緒なのかな?って思いました.基本的な方針みたいなのが既存のものに頼っている.そんななかで,ネット独自といえるものって何だろう?それとも独自である必要も無いのかな?
ネットで一番大きい功績は何かと言えば誰でも簡単に何かを発信できるということと,多くの人に発信しうる可能性が平等に与えられたことであって,独自のものが評価されたわけではないしね.
これをもとに,既存のものと照らし合わせてまだ既存のものに当てはまらないようなサイトを作ったらもしかしたら流行るかも?