書きたかった事と文脈の関係で書けない事。

何かの文章を見て、それに対してコメントをつけているとき、何個かアイディアが浮かぶ。どんどん書いていく。どんどんアイディアが出てくる。しかし、気づくと文脈上合わないアイディアが出てくる。これを詰め込むためには、文章をより長くしていかなければならなくなる。そしてそれは、少なくともブログの1エントリとしては読みにくいものになる事がほとんどだろう。
自分が一番言いたい事、一番大事な事、それを説明するために、周りのアイディアや文章を配置しよう。そういう文脈にしてやろう。
そんな事を考えた。
楽しい事やってればいいってよく言われるし、自分でも思うけれど、文章の構成が自分でもよくないと思っちゃったらそこで楽しくないってなっちゃうもんね。楽にやるのと楽しくやるのは漢字は同じだけど意味はちょっと違う事。楽にやって楽しいならそれでもいいけど、自分が向上していく事で、その楽しみを得たいのならばやはりただ楽にやっていけばいいというものではないですよね。
だから、言いたい事を言うために、自分が楽しくやっていくために、文章から削らなければいけないものもある。これって大事だなぁと。