裏切られて、気になり始める - 「興味がある」その先にあるもの - 忘却防止。(from:明日は明日の風が吹く)

裏切られて、気になり始める - 「興味がある」その先にあるもの - 忘却防止。(from:明日は明日の風が吹く)
私は、ここまでしっかりと考えた事はなかったかも。なかったけれど、無意識に似たような考えを持っているところがあるかも。どこかのニュースサイトで取り上げられた記事を見て、これはあそこでも取り上げてるんじゃ…と思ったらやっぱり取り上げられてた、と喜んだり、あれ、なかったなぁ…と思ったり。
人の心ってギャップに弱くって、意外性に触れたり、一回印象がマイナスに落ちてからプラスに変わったりすると、その人への興味が深くなっていく。
実は、この感じはサイト内やブログ内で完結している物ではなかったりする。近頃、この意外性を感じる場はTwitterですね。いつも、こういう記事を書いてるけど、Twitterではこんな発言するんだぁ…と思うことがよくある。これも、やっぱり違う物が見えることによる意外性だったりするのかなぁ…とか。

サイトの時点では興味であった物が、普通に人間関係としての好き嫌いの領域を含むようになっていく。でも、それだけにもならない。やはりサイト上の記事があって、そしてそれもその人の一部だと分かっているのだから、それも含めて考える事になる。
(明日は明日の風が吹く)

サイトの管理人同士の関わりって見たくないと言う人もいるのかもしれないけれど、私はその関わりを見てるだけでも、また新しい一面を見つけることが出来て好きだし、どうしても管理人自身が気になる時がある。また、それ故に文章から別なものを感じる事もある。
それもまたいい所なのかなぁと。悪い面も無いわけではないですけどね。内輪で閉じこもりっぱなしになりかねないですし。
その危険性も踏まえたうえで、面白そうな人、価値観が近そうな人、そんな管理人さん達の事を知っていきたいな。